ドクベニタケ

ドクベニタケ|毒キノコ・プロフィール

ドクベニタケはベニタケ科ベニタケ属ドクベニタケ節の毒キノコ。夏から秋に様々な森林下に発生する菌根菌で、傘は赤からピンク色。雨などによって色が落ち、白くなっていることもある。傘の表面が皮状になっていて容易にむくことが出来る。ひだは白色。肉は白色でとても辛く無臭。硫酸鉄(II)水溶液と反応しピンク色に変色する。柄は白色。毒成分はムスカリン類、溶血性タンパク。本種は類似種が多いので同定が難しい。

ドクベニタケの概要

ドクベニタケ毒キノコに分類されます。ドクベニタケは鮮やかな赤色のカサを持ち、輪を描くように並んで発生しフェアリーリングを形成します。ドクベニタケのカサは直径が3~10cm、幼菌時は饅頭型ですが成長に伴ってカサが開いていき平らになった後はやや反り返ります。カサの表面の赤い皮は容易に剥がす事ができ湿気のある環境ではややヌメリがでます。また、表面の色はピンク色の場合もあり雨にうたれたり古くなってくると退色し、白っぽくなります。ヒダはツカに直生~離生し、色は白く密に並んでいます。ツカの部分は全体的に太目ですが根元部分は更に太くなっている事もあり色は白色、表面には浅いシワがあります。肉はツカやヒダと同じく白色で全体的にもろく裂こうとするとボロボロとくずれます。

ドクベニタケの写真

ドクベニタケ写真 ドクベニタケの写真
ドクベニタケ ドクベニタケ

ドクベニタケの季節

ドクベニタケは、夏から秋にかけて広葉樹林やマツやトウヒなどの茂った針葉樹林など各種林内で見る事ができます。

ドクベニタケの症状

ドクベニタケに含まれる有毒成分は、胃腸系の食中毒症状を起こす毒を持っています。また、匂いはありませんが味は非常に辛いと言われています。

ドクベニタケの備考

特にありません。

ドクベニタケ食中毒防止のポイント

ドクベニタケなどによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、キノコの知識が無い方が採取した毒キノコで多くの方で食中毒となっております。キノコの専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからない、知らない種類は採取しない。
  • 毒キノコが混入しないように注意して採取する。
  • 毒キノコの見極め方の「言い伝え」を信じない。
  • 図鑑などだけで毒キノコの判断をしない。
  • 食用のキノコでも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

毒キノコを食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、誤って食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、毒キノコが疑われるものがありましたら医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、毒キノコ以外にも一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。