シロオニタケ

シロオニタケ(学名:Amanita virgineoides)|毒キノコ

シロオニタケ(学名:Amanita virgineoides)は、日本で採集した標本をもとにオランダの研究者が学名をつけた。 有害物質は不明であるが、似た種類から有毒物質が検出されたことから毒キノコに分類されている。夏から秋にかけてアカマツ・コナラ林やカシ林などの地上に発生する。 シロオニタケの形状は、傘ははじめまんじゅう型で最後には平らに開く。色は白色で粉状の鱗片でおおわれている。表面は、脱落しやすいとがったいぼにおおわれ、 傘のヘリの部分にはつばの名残りが付着する。ひだは白色で柄に離生する。柄は白く、根もとは著しくふくらみ、このふくらんだ部分には傘と同様のとがったいぼが付いている。 つばは傘が半開きの時には付着しているが傘が開ききると落ちてしまうことが多い。

シロオニタケの概要

シロオニタケは、カサが5cmから30cm、柄の長さが8cmから30cm、太さが1cmから4cmと大型なキノコです。幼いシロオニタケは、半円球のカサをもち突起物があるが、成長とともにカサは平らにせいちょうし突起物もなくなる。肉は白色で無味ですが、乾燥すると独特の異臭があります。

シロオニタケの写真

シロオニタケは毒キノコ 幼いシロオニタケ
成長したシロオニタケ 傘が開いたシロオニタケ

シロオニタケの季節

夏から秋にかけて、日本や韓国のブナ科(シイ・カシ類・ブナ・コナラ・クリ・マテバシイなど)、あるいはマツ科(アカマツ・クロマツ・モミ・ヒマラヤスギなど)の樹下で見ることが出来る毒キノコです。

含まれる有毒物質と症状

シロオニタケ毒キノコに指定されたのは最近です。タマシロオニタケから有毒成分が検出されたことからシロオニタケも毒キノコの指定となりました。しかし、シロオニタケを食べたことで毒キノコ食中毒は今まで起きていません。しかし、タマシロオニタケから有毒成分から推測すると、シロオニタケにも下痢や嘔吐などの症状を引き起こす症状が含まれると考えられています。

シロオニタケの備考

地域によってシロオニタケをオニゴロシ、オニタケ、シロトックリ、シロイボタケなどの地方名があります。

食中毒防止のポイント

シロオニタケみたいな毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるmのを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、知識が無い方が採取した方が食中毒となっております。専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 他の種類)が混入しないように注意して採取する。
  • 昔から言われている「言い伝え」は間違っているので信じない。
  • 図鑑などで素人判断はしない。
  • 食用でも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りで採取したものをを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べた料理等が残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する種類を一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。