毒キノコの種類と症状

毒キノコの種類と有害成分による影響を詳しく説明

毒キノコによる食中毒は、毎年9月頃から増え始め、10月から11月にピークとなります。毎年、多くの方が病院で治療を受けていますが、残念な事に死亡される方もおります。知識や経験が不足した方が誤って採取したものを誤って食べて起きます。誤って毒キノコを食べると、下痢、嘔吐、精神障害などの症状があらわれます。また、神経に採用し幻覚や快楽を味わう事が出来る有害成分が含まれている種類もあり、マジックマッシュルームなどとして取引されています。その為、法律で使用や取引が規制されているものもありますので注意しましょう。カエンタケ(毒キノコ)は、触れるだけで皮膚炎を起こし、誤って食べると死亡することもあります。国内の山林や公園で普通に見る事がでますので、誤って食べない様に注意が必要です。代表的な毒キノコには、ツキヨタケクサウラベニタケカキシメジであり、これらを「毒キノコ御三家」と呼ばれています。食べられるキノコに非常に似ていることもありますので注意をしましょう。このHPで掲載している全ての毒キノコを確認する事ができます。

毒キノコ御三家とは、ツキヨタケ、クサウラベニタケ、カキシメジ

ツキヨタケ(毒キノコ)
ツキヨタケ(毒キノコ)
クサウラベニタケ(毒キノコ)
クサウラベニタケ(毒キノコ)
カキシメジ(毒キノコ)
カキシメジ(毒キノコ)
幼いツキヨタケ(毒キノコ)は黄褐色ですが、熟成するとともに紫褐色から暗紫褐色となる。カサは、10cmから20cmと大型な種類で、ヒダは 白から薄い黄色で幅は広い。柄は、 太く短い柄が傘の側方に付くものが多いが,中央に付くものもある。ひだの付け根につば様の隆起帯があるのが特徴。発生時期は、秋にブナ、イタヤカエデなどのに重なり合って発生する。誤って食べると30分~1時間程で嘔吐,下痢,腹痛などの消化器系の中毒症状が現れる。 幻覚痙攣を伴う場合もあるが,翌日から10日程度で回復する。毒成分イルジンS,イルジンM,ネオイルジンです。 クサウラベニタケ(毒キノコ)のカサは、灰色~黄土色(茶色や赤みを帯びるものもあり)、 乾燥時は絹のような光沢がありのが特徴。大きさは、3cmから10cm程度であり小型から中型に分類される。ヒダは、 白色から成熟すると肉色になる。柄は、 柄にも絹のような光沢がある。比較的、細く縦スジがあるのが特徴である。発生時期は、夏から秋にかけて広葉樹の地上に発生する。誤って食べると嘔吐,下痢,腹痛などの胃腸などの消化器系の症状を起こす。発汗などムスカリン中毒の症状も現れる。毒成分溶血性タンパク,コリン,ムスカリン,ムスカリジンなどです。  カキシメジ(毒キノコ)のカサは、3~8cm程度で比較的中型の大きさであり、色は赤褐色~くり褐色またはうすい黄褐色をしている。ヒダは、柄に対してくっついており、密である。古くなると赤褐色のシミができる。柄 は、上部が白く,下部はうすいまだらな赤褐色を帯びている。発生時期は、秋にブナ,コナラ、クヌギなどの雑木林の地上に群生して発生する。誤って食べると30分~3時間後にあらわれ,頭痛を伴い,嘔吐,下痢,腹痛などの症状を起こす。毒成分ウスタリン酸:水溶性であるため,何本食べたかより,毒成分が溶出した汁をどのくらい摂取したかによって潜伏時間や症状の現れ方に差がみられる。

毒キノコの発生状況

毒キノコによる食中毒は、毎年50件程度発生します。しかし、厚生労働省が発表する食中毒の発生件数は、医療機関で診察した件数であります。その為、毒キノコによる食中毒になっても病院に行かず自宅で処置した方々が含まれておらず、厚生労働省の発表より多いと推測します。毒キノコによる食中毒症状を起こさない為には、種類を特定する為に正しい知識が必要です。有毒物質が含まれる理由は、ある特定の種が動物や昆虫に食べられ絶滅しないための防衛手段だと考えられます。動物に植物の種実を食べられるのは、遠い場所にフンと一緒に種が排出され植物が繁栄する仕組みの1つです。でも、特定の植物のみが食べられることは、種が途絶える恐れもあり、特定の動物が食べると有毒であったりします。詳しくは、「自然毒食中毒」を参照してください。

特に注意したい毒キノコによる食中毒

毒キノコの症状は、含まれる有害成分の種類によって異なります。下痢や嘔吐など消化器障害型、幻覚を見たり神経が硬直する神経障害型、原形質毒性型の3種類がありますす。原形質毒性型のは、特に注意する必要があり,肝臓、腎臓など様々な臓器の細胞を破壊し機能を低下させ死亡するケースがあります。有害成分には、下痢や嘔吐など消化器障害型、幻覚を見たり神経が硬直する神経障害型、原形質毒性型の3種類があります。原形質毒性型は、特に注意する必要があり,肝臓、腎臓など様々な臓器の細胞を破壊し機能を低下させ死亡するケースがあります。
毒キノコの名前(写真)   特徴(形状・色・形・生息場所・毒の種類・症状)
ドクツルタケ
ドクツルタケ
ドクツルタケは、夏から秋にかけて各種の広葉樹林、モミ林、ツガ林などの林内地上に発生している毒キノコです。形状は、 傘、ひだ、柄、つば、つぼともに白色く、時として傘の中心部が紅褐色をおびる事もある。つばより下の柄はささくれにおおわれ、 つぼは袋状で大型であるのが特徴です。純白の外見とはうらはらに、毒がありますので注意しましょう。ヨーロッパではドクツルタケを「死の天使」の異名で恐れられています。 野生のマッシュルームと見まちがえやすく、海外では食中毒の件数は多いですが、日本ではあまり食べる人もいなく 数年に一度は中毒事故があります。
 カエンタケ
カエンタケ
 カエンタケは、日本国内で見ることが出来る毒キノコの中でも危険性が高い毒キノコです。分類は、ニクザキン目ニクザキン科ニクザキン属に属する子嚢菌の1種で幅広く分布しています。カエンタケに含まれる有毒成分は、毒性が強く有毒成分3グラム程度で人を殺すことができます。また、触れただけでも皮膚が炎症を起こしますので触れない様にしましょう。カエンタケは、ハイキングコースや公園などの小道の脇でも確認されています。もし、見つけたら触れずに市役所などに連絡して除去をお願いすることをお勧めします。
ヒトヨタケ
ヒトヨタケ
 ヒトヨタケは、春から秋にかけて庭先や畑などに群生する毒キノコです。一晩できのこが黒く溶けてしまうので一夜茸の名がつけられたとの事です。ヒトヨタケには、有毒成分が含まれており、アルコール飲料を飲む前に食べると中毒症状が現れると言われています。 コプリンという物質がアルデヒド脱水酵素の動きを阻害し、アルコール分解がうまくいかずに、血液中にアセトアルデヒトが蓄積されるのが理由です。
シャグマアミガサタケ
シャグマアミガサタケ
 シャグマアミガサタケのカサは、直径3cmから10cm、ツカの長さが2cmから5cm程度でコゲ茶色した球形の塊の毒キノコです。肉は表面と同じ色で弾力を感じることができます。過去には、シャグマアミガサタケを食べたことが原因で死亡したケースもあり、非常に毒性が強い毒キノコです。北海道や本州のスギやヒノキの森や林で見る事ができる毒キノコです。見ることができる季節は、春です。海外でもみることができます。北半球温帯以北に分布しています。有害物質は、ヒドラジン類の一種であるギロミトリンおよびその加水分解によって生成するモノメチルヒドラジンです。
ニガクリタケ
 ニガクリタケ
ニガクリタケは、春から秋にかけて広葉樹や針葉樹の枯れ木上に群生する毒キノコです。苦み成分が多く含まれている為、誤って食べてもスグ吐き出し体内に取り込むことは少ない。しかし、過去には、誤って食べて中毒症状が原因で死亡したケースもありますので注意が必要です。ニガクリタケの形状は、 傘は初め半円形からまんじゅう形、後に平らに開く。色は鮮黄色から淡褐色で表面はなめらか。ひだの並び方は密で柄に直生から上生しています。
その他、当HPで掲載している全ての毒キノコの一覧を確認する。