ヒトヨタケ

ヒトヨタケ(学名:Coprinus atramentarius )|毒キノコ

ヒトヨタケ(学名:Coprinus atramentarius )は、春から秋にかけて庭先や畑などに群生する毒キノコです。一晩できのこが黒く溶けてしまうので一夜茸の名がつけられたとの事です。ヒトヨタケには、有毒成分が含まれており、アルコール飲料を飲む前に食べると食中毒症状が現れると言われています。 コプリンという物質がアルデヒド脱水酵素の動きを阻害し、アルコール分解がうまくいかずに、血液中にアセトアルデヒトが蓄積されるのが理由です。ヒトヨタケの形状は、 傘が初め卵形で後にはすげ笠状に開く。色は灰色から灰褐色で中央部分には褐色の鱗片を付け、周辺には状線がある。ひだの並び方は密で初めは白色。 きのこの成熟につれて黒色となり傘の周辺部分から液化してしたたり落ちる。柄は上半分はほぼ白色、下半分は淡褐色を帯びる場合もある。 中ほどより下に不完全なつばをもつ。ヒトヨタケの仲間はいずれも短命なきのこである。

ヒトヨタケは毒キノコの1種類 有毒成分と症状を説明

ヒトヨタケは色が白く、カサの大きさが5cmから7cmと非常にかわいいキノコです。ヒトヨタケの中央部には、ウロコのような鱗片(りんぺん)があり、周囲には繊維状となっています。幼いものは、卵のような形をしていますが、成長とともにカサが開き、最後には液状化して無くなる特徴があります。また、成長とともに色も変化し、幼いヒトヨタケは白色ですが成長とともに黒っぽくなります。

ヒトヨタケの写真

ヒトヨタケが群生している写真 ヒトヨタケは非常に小さくかわいい
ヒトヨタケの大きさは5cm程度 ヒトヨタケは一晩で溶けてなくなる

ヒトヨタケの季節

春から秋にかけて、枯れ木や埋もれ木に発生する毒キノコです。

ヒトヨタケに含まれる有毒成分と症状

液化する直前のヒトヨタケは、非常に美味しいと言われています。しかし、アルコールの分解を妨げる有毒成分が含まれている為、お酒を同時に摂取すると吐き気や二日酔いなどの悪い影響を及ぼす事があるようです。悪酔いする原因は、ヒトヨタケに含まれるコプリンの代謝生成物1-アミノシクロプロパノールはジスルフィラム様作用を持ち、体内のアルデヒド脱水素酵素を阻害することで二日酔いなどの原因でありアセトアルデヒドの血中濃度が上がり二日酔いみたいな症状が起きるからです。症状があらわれても比較的に短時間で消失することが多いですが、体内にコプリンの作用が消えるまでの間しばらく飲酒は避けた方がいいといわれています。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

ヒトヨタケ備考

ヒトヨタケは、成長し最後には液状化して消えることから名前がついたといわれています。

毒キノコ食中毒防止のポイント

毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、キノコの知識が無い方が採取した毒キノコで多くの方で食中毒となっております。キノコの専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 有毒キノコが混入しないように注意して採取する。
  • 毒キノコの見極め方の「言い伝え」を信じない。
  • 図鑑などだけで素人判断はしない。
  • 食用のキノコでも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

毒キノコを食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りをしたキノコを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べたキノコが残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、毒キノコ以外にも一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する毒キノコを一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。