ハナホウキタケ

ハナホウキタケ(学名:Ramaria formosa )|毒キノコ

ハナホウキタケ(学名:Ramaria formosa )は、夏から秋にかけてマツやツガ、モミなどの針葉樹林をはじめ、各種広葉樹の林内地上に発生する毒キノコです。ハナホウキタケ1種にまとめられているが、色や形状が異なるものが多く存在している。その為数多くの種類に分類されると思われる。ハナホウキタケの形状はサンゴ状で若いうちは全体に橙色をしていて美しい形状が特徴です。古くなると退色して褐色になります枝わかれは、ほぼ根もとにまで達する。 往来からハナホウキタケとしてあつかわれてきたきのこのうち、先端部が黄色味を帯びるものは別種と考えられるようになった。

ハナホウキタケの概要

ハナホウキタケは、ホウキの様な形をしていることから名づけられたといわれています。木の枝みたいに分れ上に向いて成長する特徴があります。ハナホウキタケは、根本は白っぽいですが、先端は、写真のとおり赤や黄色くなり色鮮やかな毒キノコです。大きさは、だいたい10cm程度ですが大きなものになりますと20cm程度まで成長するものもあります。断面は、白色、有害成分を含み苦みがあります。

ハナホウキタケの写真

赤色のハナホウキタケ ピンクのハナホウキタケ
白いハナホウキタケ ハナホウキタケは毒キノコ

ハナホウキタケの季節

秋から冬にかけて発生します。日本では、針葉樹の根本などで見る事ができる毒キノコです。また、ヨーロッパやアメリカでもハナホウキタケは確認されています。

ハナホウキタケの毒と症状

ハナホウキタケの有毒成分は、胃や腸など消化器に悪影響を及ぼす成分が含まれています。誤ってたべると、吐き気、嘔吐。腹痛、下痢などの症状があらわれます。しかし、ハナホウキタケの有害物質については詳しい事はわかっていません。一部キノコマニアの間では、先端に有害物質があり、先端部分を除去することで食用になるという話もありますが確かなことではないので真似をしないことをおすすめします。

ハナホウキタケの備考

特にありません。

毒キノコ食中毒防止のポイント

毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、キノコの知識が無い方が採取した毒キノコで多くの方で食中毒となっております。キノコの専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 有毒キノコが混入しないように注意して採取する。
  • 毒キノコの見極め方の「言い伝え」を信じない。
  • 図鑑などだけで素人判断はしない。
  • 食用のキノコでも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

毒キノコを食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りをしたキノコを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べたキノコが残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、毒キノコ以外にも一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する毒キノコを一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。