ドクササコ

ドクササコ(Paralepistopsis acromelalga)|毒キノコ

ドクササコ(Paralepistopsis acromelalga)とは、ハラタケ目キシメジ科Paralepistopsis属に属する毒キノコです。ドクササコは、猛毒なキノコとして知られているが、人を死に至らしめるような毒性ではないが、食中毒になると死にたくなるほど辛い思いになる毒キノコです。 ドコササコは、主に秋、竹林や笹薮・広葉樹林・カラマツ林などに群生し、 傘の大きさが直径が3~10cmほどで、初め中央が凹んだまんじゅう形、のち開いて漏斗型に窪むが、縁は内側へ撒くことが多い。表面は橙褐色~茶褐色、平滑で乾燥すると光沢をあらわす。 ヒダは黄褐色で、柄に対して長く垂生し、幅が狭く密。 柄は傘と同色かやや淡色、繊維質で縦に裂けやすく、基部は白色で綿毛状の菌糸に覆われる。 肉は白色で、特に味や匂いはない。 これといって顕著な特徴が無く、間違えやすいキノコとしてカヤタケ、ナラタケ、ホテイシメジ、アカハツ、チチタケなどがあり、これらの食用キノコと間違え誤食されることも多い。

ドクササコの概要

ドクササコの形状は、大きさが直径3~10cmほどで形は幼菌時から中央が窪んでいますが、フチは内側に巻いています。成長するとカサが開いていき、最終的には漏斗型になります。フチは通常、真っ直ぐですが稀に波をうったような形のものもあるようです。色は黄土褐色~赤みを帯びた茶色で、表面にヌメリなどは見られませんが乾燥すると鈍い光沢がでます。ヒダはツカに大きく垂生し、密に並んでいます。色はカサの色よりやや薄い同系色です。ツカは下半分が白色で、微毛に覆われています。また、根元部分に菌糸が見られます。肉はカサの部分は薄く、ツカの部分は中が空洞のものもあるようです。色は淡い黄褐色で、味や匂いは特にありません。また、ドクササコは日本海側の地域に多く発生すると言われています。

ドクササコの写真

ドクササコ(毒キノコ) ドクササコのアップの写真
下から見たドクササコ ドクササコの断面

ドクササコの季節

ドクササコは、秋季おもにタケやぶやササやぶの地上で見る事ができる毒キノコです。東北、甲信越地方でドクササコによる食中毒などに集中している。また、関西地方にもドクササコは分布しているが、九州や北海道では確認されていない。ドクササコは、コナラなどを主とした広葉樹林あるいはスギ林の地上に発生することもある。発生環境下では、白い綿毛状の菌糸のマットを落ち葉層に形成するのが認められ、子実体の組織をタマネギ煎汁培地などに植えつければ純粋培養が可能であることなどから、おそらく落ち葉・落ち枝を分解して生活しているものと考えられる。

ドクササコの毒と症状

ドクササコの有毒成分は、強中枢神経毒のアクロメリン酸、中枢神経毒のスチゾロビン酸やスチゾロビニン酸、クリチジン、異常アミノ酸、オピン類などである。特にアクロメリン酸とクリチジンは毒性が強いとされるが、発症のメカニズムは未だ不明な点が多い。ドクササコの症状は、大量に摂取してしまうと胃の違和感、吐き気、倦怠感、催涙、くしゃみ、そして手足や鼻先、耳、陰茎など末端部の痺れ、灼熱感、腫張、激痛などの症状があります。末端部の症状は摂取後6時間から一週間後から一ヶ月以上まで続き、6日~15日は痛みのピークとされている。激痛は治っても、手足の痺れは完全に治るまでは三ヶ月続く。また末端部だけではなく、顔面中央部や腹部にもこれらの症状が出るとされている。
成人の場合、基本的には症状だけでは死に至らず、脳や肝臓などへの重篤な後遺症もないものの、その長い激痛(もちろん24時間続き、眠るに眠れない、歩くことすらままならなず、排尿すら苦痛、人が歩く風ですら疼痛)などの症状により、自殺や衰弱死などの例もある。子供や老人の場合、強中枢神経毒のアクロメリン酸などによって死に至る可能性がある。治療法が分からなく、更に長期に及ぶ先端部の激痛と言う変わった症状なため、ドクササコの発生が多い新潟県や秋田県の一部では、このキノコによる症状と分かる前は秋の風土病とされていた。

ドクササコの備考

方言名については、きわめて小さな地政的単位(村落・部落など)間で異なる場合もあり、同一地域においても時代的推移・変化が起こることもあり得る。また、外観的・生態的に類似するのみで、分類学的にはまったく異なるものが混同されている可能性もあるが、ドクササコについて、文献上にあらわれた方言名ないしは異称の例としては、次のものがある。
秋田県下における名・・・・このはたけ、やけどはつ
福島県下における名・・・・たけもたし、やぶたけ・ささたけ、ささもたし、たけもたし
宮城県下における名・・・・けやきもたし、
新潟県下における名・・・・ききょうたけ
石川県下における名・・・・・やぶしめじ、ちょくたけ、やぶたけ
京都府下における名・・・・・ささたけ

毒キノコ食中毒防止のポイント

毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、キノコの知識が無い方が採取した毒キノコで多くの方で食中毒となっております。キノコの専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 有毒キノコが混入しないように注意して採取する。
  • 毒キノコの見極め方の「言い伝え」を信じない。
  • 図鑑などだけで素人判断はしない。
  • 食用のキノコでも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

毒キノコを食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りをしたキノコを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べたキノコが残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、毒キノコ以外にも一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する毒キノコを一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。