ツチカブリ

ツチカブリ(Lactarius piperatus ) |毒キノコ

ツチカブリ(Lactarius piperatus)はベニタケ科チチタケ属のツチカブリ節(Section Albati)に分類される毒キノコの一種。担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,広葉樹林の地上に生える。傘は径4~18cm,ときとして 20cmをこえるものもある。漏斗形で表面は白いが,土をかぶってよごれている場合が多い。裏面には密にひだを生じ淡黄色になる。

ツチカブリの概要

ツチカブリの大きさは、カサが直径10cm程度で、色は白色。形は最初は真ん中が窪んだ饅頭型で、じょじょにカサが開いていき、最終的には反り返って漏斗型になります。表面にはヌメリはなく、ときに小さな溝が無数にできます。成熟するとカサの色は淡い黄褐色になり、少し濃い黄褐色のシミが表面にできてきます。ヒダの色は白色~クリーム色でややツカに垂れており、極めて密に並んでいます。ツカは根元の方が細くなっているものが多く、硬く、白い。肉も表面と同じく白色で非常に強い辛味があります。また、乳液のような白い液がヒダの傷口などからたれてきます。この白い液は非常に分泌量が多く、非常に辛です。

ツチカブリの写真

ツチカブリ(毒キノコ) ツチカブリのアップ写真
ツチカブリ 下から撮影 ツチカブリの傘の裏面

ツチカブリの季節

ツチカブリは、夏から秋にかけ、広葉樹(ブナ・ミズナラ・コナラ・クヌギ・クリ・シイ・シラカンバなど)の林内、あるいはこれらの樹木と針葉樹(アカマツ・モミ・ツガ・カラマツなど)との混交林内の地上に発生する毒キノコです。これらの樹木の生きた細根に外生菌根を形成して生活していると考えられ、培養は難しい。

ツチカブリの毒と症状

ツチカブリ有毒成分には、脂肪酸として、ステアリン酸・オレイン酸・リノール酸などを含有しているが、特にステアリン酸の存在比率が高く、一方でラクタリン酸(6-keto ステアリン酸)が存在しないのが特徴である。ツチカブリには二種類のチアミナーゼが含まれており、少なくとも長期的に食用に供することは避けるのが賢明であると考えられる。 なお、子実体からは、ラクタピペロラノール(A-D)ほか8種のセスキテルペン系化合物が見出されているが、すべてが自然界では未知のものであったという。さらに、ツチカブリの二次代謝産物の中には、オーキシン類似の発根ホルモンが含まれており、ハシバミやブナ・ナラなどの発根を促す作用があるという。

ツチカブリの備考

ツチカブリは、あまりにも辛味が強いことから、従来は日本でも海外でも「有毒」あるいは「食用に不適」であるとして扱われてきた。実際に、本種が原因となって、胃痛や嘔吐などの消化器系統の食中毒症状をきたしたと思われる例も知られている。きのこを小さく刻み、じゅうぶんに水にさらすことで、強い刺激性を持つ乳液を洗い去れば食用にできる。さらに、ゴマ油のような沸点の高い油脂で熱処理すれば、辛味は消えるとされている。また、青トマトなどとともに、香辛料や岩塩を用いて漬け込んだものは、ロシア料理では高級な前菜として賞味されるという。

毒キノコ食中毒防止のポイント

毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、知識が無い方が採取した毒キノコで多くの方で食中毒となっております。専門的な知識が無い素人の方によるキノコ狩りは絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 有毒キノコが混入しないように注意して採取する。
  • 毒キノコの見極め方の「言い伝え」を信じない。
  • 図鑑などだけで素人判断はしない。
  • 食用のキノコでも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りをしたキノコを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べたキノコが残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する毒キノコを一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。