カキシメジ(毒キノコ)による食中毒と症状

カキシメジ(学名:Tricholoma ustale)|毒キノコ・プロフィール

カキシメジ(学名:Tricholoma ustale)は、コナラ、クヌギなどの混ざった広葉樹林内地上に群生する毒キノコです。色は地味な茶色で、柄も縦に裂け、虫もつくという具合にいかにも食用になりそうですが、 食べると腹痛や下痢をおこす毒キノコです。迷信んとは違って、いかにもおいしそうな毒きのこが存在する事を十分に注意してください。 このカキシメジの特徴は、ひだに赤黒いシミが点々とつく事である。傘は初め半球形から饅頭形で後には平らに開く。色は赤褐色で湿っている時はぬめりがある。ひだは柄に直生から上生し、白色で古くなると赤褐色から黒褐色のシミができる。 柄は上部は白色、下部は淡赤褐色となる。

カキシメジの概要

カキシメジの大きさは、カサが3cmから8cmで色が黄褐色から茶褐色まであります。カキシメジによる毒キノコ食中毒は、ツキヨタケやクサウラベニタケと並び非常に多いキノコです。カキシメジは、写真のとおり椎茸に似ており、古くから迷信で「地味なキノコに毒キノコはない」と言われていることが原因の1つだと思われます。カキシメジの肉は、悪臭があり苦みもあります。その為、食べた時に異常があるときは吐きだすようにしましょう。

カキシメジの写真

幼いカキシメジ カキシメジは毒キノコ
カキシメジの群生 カキシメジの断面写真

カキシメジの季節

秋にクヌギ、シラカシといった広葉樹林やマツなど針葉樹林で見る事ができる毒キノコです。

カキシメジの毒と症状

カキシメジに含まれる有毒成分は、ウスタル酸です。この成分は、2002年に発見された水溶性の有害物質です。またカキシメジには、微量であるが青酸を産生する能力があるが食中毒を起こす量ではないです。カキシメジを摂取して30分から3時間程度で、腹痛、下痢、嘔吐などの消化器の症状があらわれます。症状は、カキシメジを摂取した量で異なりますが、カキシメジによる食中毒の疑いがある時には、水を飲ませ胃の内容物で出来るだけはきださせて病院で医師の治療を受けるようにしましょう。点滴などで数日で回復します。

備考

カキシメジは、ツキヨタケやクサウラベニタケと並び、日本において最も多い毒キノコ食中毒の原因物質です。「見た目の派手なものは毒キノコ、地味なキノコは食べられる」という迷信から、カキシメジが食用と誤認されるものと考えられる。カキシメジによく似ているよく似ているキノコとして、チャナメツムタケがあるが、チャナメツムタケは傘が4-10cm で、傘周辺部や柄にささくれのような突起物が見られるが成熟するとなくなる。ひだは白から黄土色になる。チャナメツムタケのつもりでカキシメジを食べた場合、吐いたものを顕微鏡で観察すると胞子の大きさや形、 色の違いで区別することもできる。しかし、胞子の観察だけでキノコの種類を決めることは困難である。

食中毒防止のポイント

カキシメジみたいな毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、知識が無い方が採取した方が食中毒となっております。専門的な知識が無い素人の方による採取は絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 他の種類が混入しないように注意して採取する。
  • 昔から言われている「言い伝え」は間違っているので信じない。
  • 図鑑などで素人判断はしない。
  • 食用でも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りで採取したものをを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べた料理等が残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する種類を一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。