アカヤマタケ(毒キノコ)による食中毒

アカヤマタケ(学名:Hygrocybe conica) |毒キノコ

アカヤマタケ(学名:Hygrocybe conica) は、秋に各種の林内や草地の地上に発生する毒キノコです。ほとんど全世界に分布していて、食用になるという話と毒であるという話があって判断に迷うが日本では毒キノコに分類されます。アカヤマタケの傘は初め先端のとがった円錐形で後にはやや開き、中央部分は常にとがる。色は橙黄色から紅赤色で湿っている時にはややぬめりがある。 ひだは淡黄色から淡橙黄色で並び方はやや疎。柄にはほぼ離生する。柄は橙黄色から黄色で縦に繊維紋がある。きのこに触れたり、 きのこが古くなったりすると黒く変色する性質がある。

アカヤマタケの概要

アカヤマタケは、カサの大きさが2cmから5cmと比較的小さく、オレンジから赤色のキノコです。幼いときは円錐形のカサをもつが成長してもカサの形がかわらない。色は、成長とともに黒っぽくなる。ツカは5cmから10cm程度で中身は空洞です。アカヤマタケは、触れたり表面に傷がつくと青黒く変色する特徴があります。

アカヤマタケの写真

幼いアカヤマタケ アカヤマタケは毒キノコ
アカヤマタケが傘を開いた状態 アカヤマタの群生

アカヤマタケの季節

アカヤマタケは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアを始め、オーストラリアやニュージーランドでも草原や針葉樹林に分布している。日本でも夏から秋にかけて、草地、竹林、雑木林などでみることができます。アカヤマタケはオーストラリアでも主として都市部周辺に存在するが、アカヤマタケと同じ種類にはHygrocybe astatogalaの名があてがわれていた。

アカヤマタケの毒と症状

アカヤマタケを誤って食べてしまうと酒酔い状態になるといわれています。アカヤマタケに含まれる毒素に覚醒成分がふくまれている事が原因だとおもわれます。そもそもアカヤマタケの有毒成分は、さほどつよくなく体質によって症状があらわれることがあるとのことです。アカヤマタケの有毒成分に関する詳しい情報はありません。

備考

アカヤマタケを地方によっては、あがきのこ、あかなば、きんとき、どぐきのご、ぶす、もじきのご、もちきのこ、もちだけ、など呼ばれています。

食中毒防止のポイント

アカヤマタケみたいな毒キノコによる食中毒を予防する為には、食べる事ができるキノコを確実に判断できない場合には、採らない! 食べない! 売らない! 人にあげない4つが重要です。毎年、知識が無い方が採取した方が食中毒となっております。専門的な知識が無い素人の方による採取は絶対にやめましょう。詳しくは「毒キノコの種類と有害成分による影響」で説明しています。

  • わからないキノコは採取しない。
  • 他の種類が混入しないように注意して採取する。
  • 昔から言われている「言い伝え」は間違っているので信じない。
  • 図鑑などで素人判断はしない。
  • 食用でも生の状態で食べたり大量に食べると食中毒になるものがあるので注意。

食べてから症状があらわれる時間(潜伏期間)は短く、キノコ狩りで採取したものをを食べて体調が悪い場合には、直ちに医療機関を受診して下さい。もし、食べた料理等が残っている場合は、医療機関に一緒に持参して治療の参考にしてもらって下さい。下痢や嘔吐の症状は、一般的な食中毒でも同様な症状があります。細菌やウイルスによる食中毒が気になる方は「食中毒(Food Poisoning)」を参照してください。

特に注意したい毒キノコのまとめ

日本国内で発生する種類を一覧形式にまとめました。それ以外の種類についても右の一覧から選んでみてください。毒キノコの名称をクリックすると生息場所、特徴、毒の種類、もし誤って食べたときに現れる症状などをまとめてあります。